日曜大工

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり工作へ
にほんブログ村

ウッドデッキ(2010年頃製作、2014年の写真です)

以前は通販で購入した組み立て式のを使っていましたが、すぐに腐ってしまったので、自分で作りました。白アリ防除剤とペンキを3度塗りしたので、経費は掛かってしまいましたが、丈夫です。外に設置するものは白アリ対策としっかりしたペンキ塗りが欠かせません。ペンキは板材を加工した時点で裏表をしっかり塗るようにしています。組み立ててからでは、塗れないところが出てくるからです。

蝶番は白色にしたかったのですが、なかったので。

土台ですが、地面を平らにして、水平器で確認しないと、うまくいきません。ここが一番重要だと思います。

手すりの部分はもう少し高くしたかったのですが、板材の寸法によって無駄が出ないようにしたため、少し低くなってしまいました。

壁の当たる部分の組立には苦労しました。

季節によっては、梅干し樽の置場にもなります。

階段も作りました。

出入口との段差をなくすようにしないと、不便(危険)です。

まあ小さな家ですか、デッキも小さ目。

よかっら設計図を参考にしてください。あくまで参考!

 

 

 

フェンス(2008年頃製作、2014年の写真です)

以前は土の中に杭を埋めていたのですが、白アリの被害がひどく、コンクリの外枠に合う止め具が売っていたので、それを使用したところ、今のところ白アリの被害はありません。フェンスは通常、家を新築したときに作るのでしょうが、私はけちけちで家を建てたので、フェンスは自分で作っています。材木の費用はたかが知れていますが、白アリ防除剤とペンキ代が相当かかります(3万円ぐらい)。

植木鉢を50個ぐらい載せていますが、台風が来ても大丈夫でした。

ペンキも2~3度塗ったのですが、何せ年数が経ちました。

この金具を見つけたときには、「これだ!」と思いました。

養生をしても、しょせんは素人です。ペンキは余計な場所には付けたくないですね。

頑丈にするための工夫です。他のやり方があるでしょうが、思いついたのがこれでした。

支柱は真っ直ぐに立てましょう。

支柱を補強しました。

土に埋め込んだので、一部シロアリにやられました。今更遅いけど、スプレーをしました。

よかったら設計図を参考にしてください。

このスプレーは効きます。

 

 

 

 

バスボンベの柵(2013年製作、2104年の写真です)

あらかじめ角材・板材を白アリ防除剤とペンキで塗りました。

古い柵を撤去して、つるバラ用のアーチを設置しました。

まだガス管が通っていないので、プロパンガスのボンベを使っています。裸のままでも何なので、柵を作りました。前に作ったのが古くなったので、つるバラの選定と同時に作り替えました。

古くなった柵

ペンキが剥げています。

一応、開きます。

まあ、適当に穴を掘って、角材を埋め込んで、板材を木ネジで止めて出来上がりです。

初夏につるバラが見事に咲きました。

 

 

 

ベンチチェスト(2001年頃製作、2014年の写真です)

2X4の木材で作りました。ただし、2X4の木材は非常に丈夫で重いので、作ってから運ぶということはできないと思います。設置する場所で作り上げました。仕上げにニスを塗りました。とにかく丈夫です。

まあ何を載せてもびくともしません。

開閉式にしないと役に立ちません。

まあ、大したものを入れているわけではありません。

この蝶番の所が少し考えました。もっと他にいい方法があるともいます。

 

 

 

ウォールラック(2001年頃の奥様の手作り、2014年の写真です)

実は日曜大工は奥様の方が得意なのです。私はそれを見よう見まねで始めたわけです。いわゆる、先生。

開閉式で中にはカレンダーが、ごみの日とか。その他の予定が書かれています。

女性らしいデザイン。

 

 

 

その他の私と奥様のDIT製作(2005年頃製作、2014年の写真です)

奥様の製作。こんな大きいものを設計図もなく作ってしまいました。すのことべニア材が材料です。よくやりました。猫のケージも入るようになっています。

自宅のサーバ用のラックです。これも奥様製作。すのこ使用。

外の漬物用冷蔵庫を置くテーブルです。

つるバラ用の誘引用に作りましたが、役に立たなそうです。

玄関わきのバラ用の柵。いかにもやっつけ仕事。

 

漬物専用冷蔵庫の雨除け。これでも足りなくて、友人の家の冷蔵庫を2台借りています。

 

 

 

 

奥様のトールペイント(2008年頃製作、2014年の写真です)


今はもうやらなくなりましたが、奥様はトールペイントを習っていたので、家の中にたくさんあります。

 

 

 

Leave a Comment